一般社団法人 ドローンクリエーション北海道

当法人は、札幌市周辺を拠点としドローンに関する安全教育、人材育成、環境整備を通じてドローン操縦士の技術、技量の健全な発展、航空の安全確保に努め当該技術、知識の普及と地域貢献を行うことを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。 

 

1、ドローン操縦技術の研究及びその成果の発表

2、ドローンプログラミング教室の企画と運営

3、ドローン操縦体験会の企画と運営

4、ドローン組立体験教室の企画と運営

5、ドローンレース等技術向上の企画と運営

6、会員相互の交流、親睦の発展

 7、上記に附帯又は関連する事業


お知らせ


2018年12月1日(土)2日(日)

親子プログラミング体験教室

       in ケーズデンキ発寒店

 終了しました

詳細>>>

2019年2月17日(日)

Drone Day !  2019 vol.02

       in マスターズコート

 TELLOやMAMBOを使ったドローン運動会。トイドローンも参加可能

詳細>>>

2019年1月6日(日)

Drone Day !  2019

       in マスターズコート

 終了しました

詳細>>>

2018年12月16日(日)

Drone Day !  2018 Vol.1

       in マスターズコート

 終了しました

詳細>>>



ご挨拶

近年小型無人航空機(以下、ドローン)の進化は著しく、研究開発のみならず産業応用も急速に進んでいます。一方で一般ドローンユーザーに関しましては、比較的簡単に高性能なドローンを所有することが可能になり、SNS等で大量の情報発信がされ、その情報を精査する判断力も僅かながら必要となってきていると考えます。一般社団法人ドローンクリエーション北海道は、ドローンの安全な運用、正確な知識、操縦士の技術、技量の健全な発展を目指し、当該技術、知識の普及と地域貢献を行うことを目的とし設立いたしました。現在ドローンを業務や産業運用に関わる企業、操縦士と連携し、最適な社会実装と産業成長、普及促進のあり方について関係各位と共有し、ドローンビジネスの発展に貢献出来ればと願っております。また、趣味としてのドローン活用の環境整備やイベントの企画・運営を通じて、ドローンの安全な活用、将来の操縦士等の発掘、育成、技術、技量の健全な発展に貢献出来るよう微力ながら邁進して参ります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

一般社団法人ドローンクリエーション北海道

 

代表理事 阿部 恭弘

理事 佐藤 茂貴